裁判費用がないと訴訟はできない?

損害賠償や慰謝料の請求などで裁判を起こすケースがあります。これらを起こす際に費用がかかりますが、もしその資金が足りない時はどうなってしまうかご存知でしょうか?国の法律ではこんな時のための救済制度という立替制度があります。具体的には、弁護士などの専門家に支払う依頼料が足りない時に、民事法律扶助という制度を利用して専門機関が依頼料を立て替えます。そして、裁判所などに支払うお金を立て替えてもらう制度を訴訟上の救助といいます。人によっては裁判費用などはすべて自分が用意しなければならないと考える方もいますが、実はそんなことはまったくありません。専門家への相談や裁判を考えている方が、必ずしも経済的余裕がある状態とは限りません。そんな方への救済措置とも呼べるのがこの裁判費用の立替制度なのです。何かと一般人には縁のない裁判ですが、これにより身近な存在となりました。むしろ月に数回無料の法律相談を行う行政機関も増えてきましたので、ますます法律や裁判の世界が身近になってきています。今やどこの地域でも必ずと言ってよいほど法律の専門家がいる時代になりました。裁判費用が無いからと裁判を諦めてしまうのはもったいないので、その時は専門家に民事法律扶助などの件について相談をしてみましょう。

コメントは受け付けていません。