離婚や認知の訴えなどの家族関係についての紛争に関する訴訟

民事裁判の種類は大きく分けると次のようになります。1つは通常訴訟といい個人の間の法的な紛争主として財産権の紛争の解決を求める訴訟です。二つ目は手形小切手訴訟で民事訴訟法の特別な規定によって審理される手形小切手支払いを請求する訴訟です。三つ目は小額訴訟簡易敏速な手続きにより60万円以下の金銭の支払いを求める訴訟です。四つ目はその他で離婚や認知にかかわる家族関係についての紛争に対する訴訟に対する人事訴訟と公権力行使による行政庁の行為の取り消しを求める行政訴訟があります。では次に家事事件について詳しく説明していきたいと思います。家事事件とは家庭内の紛争などの家庭sに関する事件は家族の感情的な対立が背景にあることが多いのでこれを解決するには法律からの観点からではなく相互の対立的な感情を解消するkとが求められています。また家族に関する事件を解決するに当たっては、その性質上個人のプライバシーに配慮する必要がありますし、裁判所が後見的な見地から判断する必要があります。そこで家庭内の紛争やその他法律で定める過程に関する事件については家庭裁判所かそれにふさわしい非公開の手続きでどのようにすれば家族や親族の間でおきた問題を円満に解決することができるかを考え、職権主義のしたで具体的妥協性を図りながら処理する仕組みになっています・

コメントは受け付けていません。