民事訴訟をおこすために準備すべきこと

民事訴訟手続きは、個人間の法的な紛争を裁判所で行うものです。裁判官が当事者双方の言い分を聞いたり、証拠を調べた後に、最終的に判決によって紛争の解決をはかります。紛争の対象が主に140万円以下の事件について利用することができ、それ以上の金額になると、地方裁判所で取り扱われます。訴訟の途中で話し合いによる解決をすることも可能です。判決書または和解調書に基づき、強制執行を申し立てることもできます。具体的には、賃金の返還や不動産の明け渡し、交通事故などの損害に対する賠償を求める訴えなどがあります。
裁判所に訴えを提起した当事者を原告と呼び、提起された側を被告と呼びます。訴えを起こす裁判所は、原則として相手側の住所地を管轄する簡易裁判所になります。裁判は原告が裁判所に訴状を提出することからはじまります。必要な書類は、訴状と申立手数料、相手側に書類を送る際の切手、添付書類などです。これらの書類に不備がなければ、裁判所が口頭弁論の期日を指定し、被告あてに訴状を送達します。その後被告が口頭弁論の期日までに、答弁書を裁判所に提出します。そして法廷で、原告と被告がお互いに準備をしてきた証拠を出し合って、問題を争います。裁判所では双方の言い分を聞き争点を整理し、正当な判決を言い渡します。敗訴判決を受けた当事者がその判決を不服とする場合には、上級裁判所に判断を求めることになります。

コメントは受け付けていません。