被告人となってしまったケースの手続きと心構え

民事裁判において被告人となってしまった場合、どのような手続きがとられるのでしょうか。そして、万が一そうなってしまった時の心構えについてご紹介します。まず、最寄りの警察において身柄が拘束されます。この段階で、家族に知らされますが家族が直接会いに行くことはできません。そこで、重要になりますのが弁護士の存在です。身柄を拘束されている本人が弁護士と面会することが権利としてあります。知り合いに弁護士がいる場合は依頼することも可能ですが、そうでない場合は当番弁護士が面会に来ます。当番弁護士は、初めての面談のみ無料で面談することができますので、制度として覚えておくといいのではないでしょうか。ここで、国選弁護士と私選弁護士を選ぶ事が出来ます。当然ですが、私選弁護士の場合は弁護料金が割高になります。身柄が拘束されている段階では、罪状について軽い場合は相手方との示談が成立して示談金を支払い釈放される場合もあります。そうでない場合は、一定額の保釈金を支払わなければ釈放されず、刑に服す事となります。相手側が裁判に持ち込んだ場合は、引き続き身柄は拘束されます。それにより、裁判が行われます。相手側も弁護士を立てますので、お互い弁護士を通してのやり取りを行います。

コメントは受け付けていません。