民事裁判に含まれる訴訟の種類

a0015_000012 a0027_000273借金の問題や慰謝料請求などお金で解決をする裁判制度が日本だけでなく世界各国にあります。この裁判は民事裁判と呼ばれ、刑事裁判に比べて手間や時間もかからないのが特徴となっています。ですがその事件内容によって裁判所の種類や方法は異なってきますので、それを簡単に解説していきます。一般的によく知られているのが、慰謝料請求などの裁判を一般訴訟といいます。これについては法律ドラマなどでよくめにすることがありますので、具体的なイメージもしやすいでしょう。2つ目は、この手続きをもっと簡潔・迅速にまとめた裁判を少額訴訟と呼びます。他に60万円以下のお金の支払いを請求する時に行われるので、ちょっとした軽いトラブルなどの時に開かれることが多い裁判となっているのが特徴です。3番目は、法律に定めによる審理された小切手・手形の支払いを要求する、手形小切手訴訟という少し特殊なパターンの裁判です。この裁判では、通常よりも若干ですが早期解決することが出来るのが特徴となっています。以上のように、一言に裁判といってもその内容や本人たちの意思によって種類が異なってきます。専門家でない限りは普通の裁判方法しかご存知ないので、どれにするかはちゃんと彼らとじっくり相談をしながら判断するのよいでしょう。